忍者ブログ
自己満足日記。 飽きっぽいので期待しないでください。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつまでもアレをTOP記事にしておいたら俺がアニヲタみたいに見られちゃう><

というわけでまた適当にネタを選びますが
今回はエンブです。

CFは前身ギルドたる「Gallery Fake」と「Crimson Knights」の二つのギルドの
統合によって生まれたギルドですが、
エンブレムはすべて後者のギルドから引き継ぎ派生したものになってます。
('A`)さんとこのインタビューでおもっくそスペリング間違えてたがそこはツッコミ無しだ!


Crimson Fake
CF初期のエンブレムはコレ。旧CFで未だに使ってますね。

Crimson Faker
現CFでの平時のエンブレムはコレ。
CK時代からあったようですがずっと使うようになったのはCFrになってからかなと思います。
せぴこがCKに居た時代に作ったものだとかなんとか。

CFr-Red
Gvの時はコレに変えてます。戦ってますよ的な雰囲気。
これは自分が勝手に上のエンブを改造したもの。
レイヤー分けして十字架を染めないようにして魔法陣の部分を真っ赤に。
せぴこから「わりとかっこいい」的な評価をもらって喜んでいたり。
他でも誰かがかっこいいって言ってた気がします。褒めて褒めて。


他のサイトでCFrとして出てくるエンブレムは青いほうですね普通。

調子に乗って他にもカラーリングを弄ったものをいくつか用意していて、
マスターの気まぐれでたまに見られたりします。

あ、エンブとか勝手にパクって「俺のオリジナルだよ」とかやめてくださいね。
PR
溜まり場でメンバーとだらだらしてたら
ミヤさんが金色がどうのと言い出したので、
若干古臭いかと思いながら「百式なのか」とかふざけてみると
「え、なにそれ知らない」と帰ってきて
ガンダムは全然知らないそうなので
あぁ知らないなら説明するのも面倒だし
「ガンダム系のネタで赤かったらシャア、みたいなのだよ」と軽い説明をして
これを以って話の本筋に戻ろうという算段を立てて、
よしこれで行こうと踏んだ矢先に
「シャアって本名がキャスバルなんだよね」とか
ガンダム分からないと言いながら何故そんなのを知ってるんだ
と言いたくなるようなことを言いだしたのでそこに突っ込んでみれば
同僚にガノタがが一人いるとのこと。

そんで若干ロボアニメ寄りの話になって
ゾイドはガンダムとは違いますよみたいなお約束を展開しつつ
「俺の大好きなドラッツェとかディープストライカーの話をできない
ガンダムトークは結構です」的なオーラを全開にして
若干空気を悪くしつつ話を強引に切り上げましたとさ。

文区切れよゲラゲラっていう。

そんで懐かしいしゾイド久しぶりに見たいなぁと思って
どっちかというと初代より好きだった新世紀/ZEROの方を探してみることに。

初代と違ってシリアスな話が全然ないし笑いも多く、楽しく見れて良かった。
戦争が背景にないから基本的に人死にが出ない程度の戦規模の闘になりがちだけど、
それでもたまに相当ハデな感じの戦闘もあってGood。

そういやリノン可愛かったと記憶してたけど、
実際どうだったかなとネットをぶらぶらして見返してみれば

わりとかわいいとは思うんだうん
自分のスコアのために平気で味方を巻き添えにする
プチサイコ女だというのを思い出して
あぁこれはアリだなと思い出を振りかえる自分がいたという。
S.S.Sで「みんな頑張って!」とかの選択肢をつい選んでいたら
オマケの経験値もらえなかったでござる。
ふざけるならどうでもいいキャラでやるべきだった…


単純に今回のCFは人数が多かった。
先週から引き続いてCFの傭兵をしたいと申し出てくれた火星メンツに加えて、
ぱぴさん経由でやってきたATWのメンバーもCF1ギルドに格納された。

暗黙のルールが発動し、
いつもなら極力入れたままにしておくようなメンバーもポンポン蹴られた。
これ自体には問題はないのだが、原則的にCFrがGv用のギルドであることを
熟知してメンバーをCFrに入れていた人が全員ではなかったような気がする。閑話休題。


実働人数で通常の1.5倍ではきかなかったのではなかろうか。
かなりやりたい放題が効いていた。CFの経験の一つとしては良かったのかもしれない。

事前の打ち合わせ、などというものは知りうる限り一度も無かったし、
その後の反省会も無かったこれがどう活かされるかというのは読めないところだが。

ジノさんは多人数構成には興味がないようで今回はCFとは離れていた。


昨今の序・中盤での防衛において
エンペ割りに関わらない3MAP等の平地を黙認して延々ERに引きこもった場合、
自分たちの相手は「乱闘という名のカットラインに阻まれた」勢力ということになる。
楽をしたければそれも良いだろう。

だがCFはそれどころか「そもそも誰もやってこない」という暇防衛さえも散々味わってきた、
今更そんなことで「暇防衛おいしい^p^で」す何て 言う わけが ない。

つまるところ平地というカットラインが形成された時、
序・中盤でERに引きこもるという行為は、
「他ギルド間の、エンペ割りに関わらない形での戦闘の場の維持のための砦の防衛」
と呼んでも過言ではない。

城主としての権益、旗復帰とカプラ、そしてガーディアン等の恩恵を享受しつつ、
萎えない程度の戦力同士で(ここ重要)思う存分にゃんにゃんするのが
個人的なある種の理想であるのだが、

これを心置きなく実現するには、序・中盤の防衛においてはERをおざなりにし、
平地を行う他ギルドにも「エンペ割りだけに注力した存在の排除にも気を配るというコスト」を
払って頂けばいいと考える。

その思惑とはあまり関係なく3MAP全力配置になったら
今度は2MAPで小競り合いが起きるっていう。


また別な話だが、CFと言えばどんなギルドだっただろうか。

Gvのためにレベリングや出動を強要することもなく、
勢力拡大のために同盟やらを画策するということもなかった。
何事も任意で、保守的な傾向が強いように思えた。

個人やごく少数で遊びにくるという事はたまにあった。
一度同盟を打診されたこともあった。
これはメンバーの相違が纏まらず流れたが。

ある種の好敵手の関係が出来上がっていたギルドはあっただろうが、
狩りの際に気軽に面子を集えるような仲のいいギルドはほぼなかった。
これは拠点が拠点であったせいもあるが。

これまではインタビューなどでは対象にさえされなかったし
いつぞやのお祭りでもハブられていた。

ブログにしても、ここかCF公式(これも自分が用意した)しかなく、
基本的に名前が出るようなことを避けるようなメンバーが多い。
マジ 日記 かいて…

沈没船手前に屯している、影の薄い、V5に拘泥するギルド。
(四様の存在はそれとは全く別のネームバリューを持っているのだが


それがどうだろう、
ジョークだと考えられるにせよHTTさんに名指しで尊敬・倒したいGに名前が挙げられる、
インタビューは来る、火星さんはくる、ATWさんはくる。

この現状はどういうことなのか。不満ではない。
ただ「ありえない事が起きてるな」と思っているのだ。


要は「うちらお祭りのときハブられてたよねーキャハハw」とか、
「HTTさんに名前あげられてるけどあれギャグですよね」とか、
そんなのがつい最近の内輪の話題だったりしたわけです。

すいません意味の分からないフラストレーションを形にしてしまいました。
あとこれ基本的に俺の主観ですんで。
劇場版ガンダム00見てきました。

アレを映画化したらそんなもんだろ言うという感じなので
一期二期通して見た人なら見てもいいと思う。

デカルトさんがストーリーに全然絡んでこなくて
中盤で敵の物量に飲まれて死亡してそれで終わりとか噛ませも良いとこだったけど、
死ぬ前の戦闘は普通に迫力あったっていうか強すぎワロタ。

敵が接触禁止系なのでほぼ全部射撃ばかりの戦闘にならざるを得ないという点が
逆にガデラーザの火力を際立たせてた感。
普通に戦闘シーンとしては最終決戦よりデカルト対ELSのほうが迫力があった。

でも取り込まれたなら後でボス化して出てくるのが筋だと思うよね普通。
非イノベイターを蔑む発言とかなんだったんだと。

最終決戦の方はクアンタ全然戦ってないし、射撃ばっかでダレる。
ELSが相手の特性を学習して戦艦とかMSに化けるのはいいんだけど
雑魚MSや低級戦艦にばかり化ける上に戦闘が高速すぎて
敵と味方の区別が付けづらくなってるのが辛い。
あと何度も言うけど射撃ばかりになってダレる。
接触したら自爆か死亡ぐらいしかないし。

マリナさんは本当にヒロインらしい扱いをされないなぁ。


ところで、、

なんでDEのインタビューに俺ときゅっきゅの声が入ってるんだ!
オフレコにしてくれって言っただろwwww

DEのインタビューに際して、なんだかCFに居ついてしまってCFのたまり場で
CF面子とポケモンに興じていたジノさんに話が回ってきたものの、結局ジノさんも面倒だったのか
また担当をたらいまわしするためにDEの溜まりに戻っていったので
おもしろそうだと思ってきゅっきゅとクロークでこっそり潜入。

ジノさんは完全にポケモンプレイを決め込んで沈黙。
インタビューの回答は別な人が担当。

ジノ(スカイプ):こいつ、こんな面白いことがいえるやつだったのかwww
いやあんた喋れよwww

鷹はホークでイーグルは鷲だよねーと思いながら
CFもギャラリーのスペル間違ったままインタビュー載せてるしまぁいいかなと黙っていたのに

きゅれとが!あのEMC担当が!
ログに残らないようにチャット出して喋ってた俺の努力を無に


氷点下の青空 : ロボ乗った四方先生マーダー
氷点下の青空 : マーダー(?
チャットで「コメントは差し控えさせていただきます」
氷点下の青空 : (´・ω・`)


DEの四方WSへの愛は凄かったけど、
現状では四方メカニックの登場はかなり遅れるという回答をせざるを得ない今日この頃。
<< NEWER | OLDER >>
Twitter
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[03/13 まぶ]
[03/11 えぼ]
[10/31 きりん]
[10/19 たびパパ]
[10/17 zui]
カウンター
アクセス解析
してますよ。
This template design was imitated from PukiWiki Skin "GS2" which designed by yuza.
© Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
© 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Right Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
忍者ブログ [PR]